中野西敏弘 夜景ーNightscape

更新日:3月24日

各位:


展覧会:中野西敏弘 夜景ーNaigtscapeの作品展示替えを行いました。圧巻です。

今回は展示作品を一新して、ネオン管によるテキスト作品です。

黒煙の闇から光と闇について語る作品は現代社会をうつす鏡にも思え、その寡黙に佇む饒舌な作品に。

 この度CONCEPT SPACEでは、1982年発足から40年を迎えるにあたり、40周年記念企画の2回目として、CONCEPT SPACE/R2とAis Galleryの3つスペースを使った、「中野西敏弘 夜景ーNaightscape」を開催いたします。

CONCEPT SPACEは、周知のように古い長屋式アパートをそのまま使用した素朴で未完の展示空間です。そこに展示される国内外の優れた現代美術は、未完の空間を補うようにそこに佇み、多くの鑑賞者たちを魅了してきました。”何も加えず何も省かない” 日常の中で嗜む美術の至福の時間は、23回の来日個展によってCONCEPT SPACEの指針を示してくれた故人ロジャー アックリング氏のための展示スペースとして30数年機能してきたスペースでもあります。活動開始からの40年や210回を超える企画展を回顧することより、未来を定義づけるために現代を見据えること、コロナ禍にあって見えてくる至福の時間の有り難さ、この繰り返しの40年のようにも思えます。時代が代わり時流が繰り返されても、美術の本質と同時にいつも美しさの普遍性について考えて来たようにも思えます。

40周年記念企画。その2回目に登場していただく中野西敏弘氏は、東京藝術大学卒業後、イギリス/ロンドンのゴールドスミスアートカレッジ修士過程を修了した先端芸術の騎手として、国内外で活発な活動を展開してきました。DAADやポーラ財団の助成によったドイツやアメリカの留学体験は、最初のイギリス留学と交えて、中野西氏の表現思考の底辺を作り上げたに違いありません。巷の流行に関係なく時代を見据え、そして未来に向けた視覚伝達の”美術”に、美のエステティクと術のスキルの造語を纏ったハイブリットな表現として結晶しているようです。

今回3つのスペースで展開される ”夜景ーNightscape” は、漆黒の闇にも見える黒い色面絵画です。端正で緻密なディテールは、支持体上で繰り返し行われたグラファイトの集積と払込によって作られたようです。色面のほんの隅に散見される色の粒は、しっかりと情報を提供する新聞紙であること、そしてポスターであることを鑑賞者に情報提供しています。レディメードと手業(スキル)のハイブリットな新しい表現です。新聞紙で作られる311組の”方舟の折り紙、そこに交わるグラファイトの無数の粒。11組はCONCEPT SPACEに展示され、300組はAis Galleryに展示されます。そして、Ais Galleryでは、126組の別作品に加え「美しいもの」を裏切ることない”何か”を感じることができるでしょう。同時に展示される映像作品は、もしかするとこの特別な展覧会を総括し、謎解きの手助けになるかもしれません。

どうぞ皆様のご来場をお待ちしております。

CONCEPT SPACE

CONCEPT SPACE/.R2

Ais Gallery

展覧会:    中野西敏弘  夜景ーNaigtscape

日時:     2022年2月12日(土)ー3月26日(土)

        13:00pm〜17:00pm(毎週金・土・日開場 無料/要予約

       *新型コロナウィルス感染症の蔓延につき、要予約とさせていただきます。

        (群馬県指導)

        ご高覧前日までに、下記のE-mailアドレスまでご希望日時をご予約くださ

        い。

       *ご来場にはマスクと手指の消毒をお願いいたします。

会場:     CONCEPT SPACE

CONCEPT SPACE/R2

〒377-0007 群馬県渋川市石原309−8

        *jr渋川駅徒歩約10分


        Ais Gallery

〒377-0008 群馬県渋川市渋川1763−12

       *jr渋川駅徒歩約10分

問合せ:    Tel: 090-8582-0414(福田)

E-mail: hukuda3323@yahoo.co.jp












閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示