top of page

レト エミヒュ 間奏


この度CONCEPT SPACEとAis Galleryでは、スイスを中心に欧州と北米を中心に展覧会を展開している「レト エミヒュ(RETO EMCH )」の展覧会を開催する運びとなりました。


2018年に最初の来日個展を開催し、レディーメイド(既製品)と自然物を組み合わせたアイロニー豊かな作品で日本の多くの来場者に驚きを提供しました。

今回2回目の個展は、数年続いたコロナ禍にあって来日が困難の時期を経過して、6年ぶりの来日個展となります。

私たちがあらかじめ持っている既製品特有の機能や性能を変則的に換え、自然素材と組み合わせたり、インストール(仮設置)をすることで、新しいものの見方や美術作品の恒久性に一石を投じています。


エミヒュの創作は、巨大なアルミニウム板の腐食によるペインティングや、鉛板の可塑性を自在に操った彫刻作品に始まり、使い古されたタイヤを空間全体に放置しながら展覧会期中にタイヤを積み重ねたり、移動させるパフォーマンスを行うことで全く新しい美術作品の創作と鑑賞術を啓蒙しています。


今回、CONCEPT SPACEとCONCEPT SPACE /R2の畳空間では、イタリアの詩やオペラからの引用から、楽譜台とナイフを組み合わせた感傷的とも言えるインスタレーションを試みる予定です。楽譜に書き記された「感情をこめて」「意のままに」という抽象的指示から発想される情緒的なインスタレーションがどのように私たちを魅了するのか。


一方Ais Galleryでは、鉄板とコンクリートのハードな空間に、ものごとの合間や物と物の「間」に一つのドラマを見出す実験的な試みを展開する予定です。

欧州におけるアカデミックな美術作品から逸脱をエミヒュの作品によってぜひご堪能ください。

CONCEPT SPACEとAis Galleryは同会期で展覧されます。





2)Ais Gallery


 レト エミヒュ


間奏


2024年4月13日(土)ー 5月4日(土)

13:00〜18:00(毎週金・土・日開場・無料・予約なし)


Ais Gallery

〒377-0007 群馬県渋川市渋川1763−12

JR渋川駅下車徒歩約10分(渋川市役所真北・赤い階段奥)


オープニング:

レト エミヒュ氏を囲みささやかな軽食を共にします。

Aisギャラリーに於いて

4月13日(土)午後4時〜 無料

*お誘い合わせの上お越しください。


特記:

この展覧会は、Ais Galleryの展示と併せて、2024年1月1日に起こった能登半島地震のチャリティーとして「能登半島地震復興支援プロジェクト」として機能します。このプロジェクトで得られた義捐金は災害孤児への奨学金として寄付されます。皆様の温かいご協力をお願いいたします。

「ウクライナ芸術支援プログラム」の支援金受付も継続中です。重ねてお願い申し上げます。





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page