top of page

アントニー ゴームリー(オーギュスト ロダンとの思想解釈)

更新日:2023年12月24日


 アントニー ゴームリー氏(Antony Gormley)は、1950年イギリス・ロンドンに生まれます。彼が制作する作品は、主に身体と空間の関係についてさまざまなアプローチで探究する彫刻、インスタレーション、公共空間での作品により、国際的に高い評価を得ています。


1960年代以降、自身の身体と他者の身体の関係性を通して、自然と宇宙の関係において「人類は何処に立っているのか」という根源的な疑問を投げかける方法で、彫刻作品の可能性の開拓を行ってきています。この試みは、19世紀のフランスを代表する彫刻家オーギュスト ロダン(Auguste Rodin 1840-1917)の思考原理との逆説的享受性を見出すことができます。一方、ゴームリー氏は、1990年代に日本の禅や生活慣習に興味を抱き、数回の来日時に「書」を嗜みました。そのワード(言葉)は、ゴームリー氏自身が試みている空間概念に基づいて選出されています。


今回Aisギャラリーでは、2006年の開設から50回目の企画を記念し、アントニー ゴームリー氏が来日の折に製作した「書」(円相等)を中心に、オーギュスト ロダンの彫刻小作品「歩む人 トルソ ー間ー 」を展示対比させながら、芸術における空間概念、日本思想、彫刻について考察する試みです。


Aisギャラリーの黒い鉄板と、白い和紙石膏の美しい対比の静寂と、書(ドローイング)の妙技をご堪能ください。


どうぞ、お誘い合わせの上ご高覧頂きますようお願い申し上げます。



Ais



                 記



展覧会:  Ais ギャラリー 企画50回記念

      アントニー ゴームリー  (オーギュスト ロダンとの思想解釈)

      「書」


会期:   2024年1月20日(土)ー 3月16日(土)

     (毎週金・土・日開場・入場無料) 

      13:00 ー 18:00

*事前の予約は必要ありません。ご自由にご覧いただけます。


会場:   Ais ギャラリー  (田中アートプログラム1階)

      〒377-0008 群馬県渋川市渋川1763-12

     (JR渋川駅下車徒歩約10分・渋川市役所北)


お問合せ: E-mail: hukuda3323@yahoo.co.jp

  090-8582-0414(福田)




⚫︎アントニー ゴームリー (アントニー・マーク・デヴィッド・ゴームリー)

 ベニスビエンナーレ(イタリア・1982−1986)、カッセルドクメンタ8(ドイツ)、

 エルミタージュ美術館(ロシア)、ヘイワードギャラリー(イギリス)他多数

【主な受賞歴】

 ターナー賞(1994)、バーンハード ヘイリガー賞彫刻部門(2007)、

 大橋賞(2012)、大英帝国勲章(1997)、ケンブリッジ大学名誉博士、

 2003年から王立芸術院会員、大英博物館理事


⚫︎オーギュスト ロダン(フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン)

 (François-Auguste-René Rodin、1940−1917)フランスの彫刻家。

 19世紀を代表する彫刻家とされ、“近代彫刻の父”と称される。代表作に「地獄の門」

 その一部を抜き出した「考える人」、「カレーの市民」「歩く人」などがある。





閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page